RNAワクチン特許の解説:コロナワクチンが全身(体液・臓器)に広まる証明

新型コロナウイルス

「ファイザー製コロナワクチン研究計画書」を解説してくださった自然療法士のルイさんが、「RNAワクチンの特許資料」を元に、コロナワクチンで使われているRNA技術全体のデメリットについて解説をしてくださっています。

自然療法大学 2021/6/24
研究計画書の可能性を断言できるRNAワク〇ンの特許を解説!【自然療法士 ルイ】

mRNAワクチンの特許(2020年のものでRNA技術に関する情報が少し古い)
Betacoronavirus mRNA vaccine
Ciaramella , et al. March 2, 2
https://uspto.report/patent/grant/10,933,127

最新のmRNAワクチンの特許(2021年の新しいもの)
https://uspto.report/patent/app/20210046173

ファイザー社コロナワクチン研究計画書(2020年11月版、英語、PDF形式)
https://cdn.pfizer.com/pfizercom/2020-11/C4591001_Clinical_Protocol_Nov2020.pdf

最初に、動画の1分14秒付近から2分33秒あたりで、「エクソソーム(Exosome)」について解説をしてくださっています。

「エクソソーム(Exosome)」とは

「エクソソーム(Exosome)」とは、動植物を問わず、細胞から放出されるとても小さな小胞のことで、細胞に含まれていたDNAやRNA、タンパク質などが含まれています。大きさや見た目がウイルスととても似ているので、今の科学では明確にはそれがウイルスなのかエクソソームなのかが区別をつけることができません。

癌細胞ももちろんエクソソームを放出しているので、近年のエクソソーム研究で、癌の転移にこのエクソソームが関係していることが、次第に明らかになってきました。

何か異常のある細胞は、この異常なDNAやRNAが入ったエクソソームを放出するので、受け取る細胞に対して、その異常性を伝えてしまうことがあります。癌細胞のエクソソームを受け取ってしまった細胞は、その異常なエクソソームを排除する働きが、皆さんの体には備わっています。

それでも免疫力が低い方や、受け取った臓器が日々の生活でダメージを受けている状態だと、その場所に癌が転移してしまう可能性があります。

ウイルスは宿主の細胞を乗っ取り、感染された細胞がエクソソームを放出していることまでは、現在の科学で判明しているようなので、今後、そのエクソソームが周囲の人を感染させるなどのエビデンス(証拠)が出てくると思います。

 
コロナワクチンの成分は、体のどこへ行くのか(「RNAワクチンの特許資料」より)

[0233] In some embodiments, the nucleic acids of the present invention may be quantified in exosomes or when derived from one or more bodily fluid. Bodily fluids include peripheral blood, serum, plasma, ascites, urine, cerebrospinal fluid (CSF), sputum, saliva, bone marrow, synovial fluid, aqueous humor, amniotic fluid, cerumen, breast milk, broncheoalveolar lavage fluid, semen, prostatic fluid, cowper’s fluid or pre-ejaculatory fluid, sweat, fecal matter, hair, tears, cyst fluid, pleural and peritoneal fluid, pericardial fluid, lymph, chyme, chyle, bile, interstitial fluid, menses, pus, sebum, vomit, vaginal secretions, mucosal secretion, stool water, pancreatic juice, lavage fluids from sinus cavities, bronchopulmonary aspirates, blastocyl cavity fluid, and umbilical cord blood. Alternatively, exosomes may be retrieved from an organ selected from the group consisting of lung, heart, pancreas, stomach, intestine, bladder, kidney, ovary, testis, skin, colon, breast, prostate, brain, esophagus, liver, and placenta.

【0233】いくつかの実施形態では、本発明の核酸は、エクソソームにおいて、または1つ以上の体液に由来する場合に定量され得る。体液としては、末梢血、血清、血漿、腹水、尿、脳脊髄液(CSF)、喀痰、唾液、骨髄、滑液、水様液、羊水、耳垢、母乳、気管支肺胞洗浄液、精液、前立腺液、カウパー液または射精前液、、便、髪の毛 涙、膀胱液、胸膜・腹膜液、心嚢液、リンパ液、カイム、胆汁、間質液、月経、膿、皮脂、嘔吐物、膣分泌物、粘膜分泌物、便水、膵液、副鼻腔洗浄液、気管支肺胞吸引液、胚盤腔液、臍帯血などがある。あるいは、エクソソームは、心臓、膵臓、胃、腸、膀胱、腎臓、卵巣精巣、皮膚、大腸、乳房、前立腺、、食道、肝臓、および胎盤からなる群から選択された臓器から採取されてもよい。

上記から、「ワクチンに含まれるRNAが、ワクチンを接種した人体のどこから検出されるのか、人体のどこへ行くのか」がわかります。


 
ルイさんの動画をご覧になって、あなたは、どのようにお考えになりましたか。マスコミは、「製薬会社に不都合な報道は行わない自由」を掲げているかのようです。製薬会社に都合のよいことしか報道しない偏向したテレビや新聞に騙されないでください。マスコミの偏った情報をうのみにせず、ご自身で考えてみてください。

動物実験に失敗し、人体を使った治験の段階ですので、人体にどのような影響がでるのか、それは製薬会社でもわかっていません。ワクチンの成分が卵巣や精巣にも蓄積されることから、不妊になる可能性も否定できません。ウイルスの感染予防の効果が無い、発症を予防する程度のワクチンに、お父さん、お母さんから譲り受けたあなたの大切な体を委ねないでください。お父さん、お母さんから譲り受けた自然免疫力を大切にしてください。

【関連情報】
【保存版動画】ファイザー製コロナワクチン研究計画書の解説
https://ichisaburo.com/2096/

コメント

タイトルとURLをコピーしました