基礎疾患の無い60代の女性 ワクチン接種後に会場のトイレで死亡

新型コロナウイルス

基礎疾患の無い60代の女性が、ワクチン接種後に、会場のトイレで死亡しているのが発見されました。ご冥福をお祈りいたします。

体育施設トイレに女性遺体 前日にワクチン(秋田県)
10/27(水) 11:56 ABS秋田放送
https://news.yahoo.co.jp/articles/3be189443ba8d6945e699a6c843917b622177c0a

2021年10月26日、秋田県由利本荘市のスポーツ施設のトイレで、市内に住む60代の女性が死亡しているのが見つかりました。

女性は発見の前日である25日に、この施設で新型コロナウイルスのワクチンの接種を受けていました。死亡とワクチン接種との因果関係はわかっていません。

由利本荘市によりますと、市内に住む60代の女性は25日午後2時6分に、新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場となっているナイスアリーナで、モデルナ製ワクチンの1回目の接種を受けました。女性に基礎疾患はなく、接種後の15分の経過観察中は異常はなかったということです。

翌日の26日午前9時半すぎ、清掃業者がトイレの個室に鍵がかかっていることに気づき、連絡を受けたアリーナの管理者が中で倒れている女性を見つけました。通報を受け駆け付けた救急隊がその場で死亡を確認しています。女性の死亡とワクチン接種との因果関係はわかっていません。

25日のアリーナ閉館前には管理者が巡回を行いましたが、人の動きを感知するセンサー付きのトイレの照明が消えていたことから人はいないと判断しました。アリーナを所管する由利本荘市教育委員会は、対応が不十分だったとして今後管理体制を改めることにしています。

 
オギヒロ クリスチャン さん 2021/10/28
ワクチン接種後に60代女性が死亡 秋田・由利本荘市

ワクチン接種後に60代女性が死亡 秋田・由利本荘市(秋田テレビ) - Yahoo!ニュース
 秋田県由利本荘市は、新型コロナウイルスのワクチン接種を25日に受けた60代の女性が、集団接種会場のトイレで死亡していたと発表した。  由利本荘市によると、26日午前9時半すぎ、由利本荘市のナイス
(ichisaburoの想い)
無意味なPCR検査に反対します。毒でしかないワクチンの接種に反対します。ワクチンの感染予防効果は実証されていません。それどころか、酸化グラフェン、アルミニウム等の毒物、寄生虫まで入っています。

ワクチンの感染予防効果は実証されていません。むしろ、ワクチン接種後にADE(抗体依存性感染増強)によって重症化する危険性さえあります。

厚生労働省は、新型コロナウイルスは「ウイルス性の風邪の一種です」と言っています。その一方で、コロナを指定感染症の2類であるジフテリアや結核と同じ扱いにしています。5類にしようとしません。

厚生労働省は、「ワクチンの基本的な性能として発症予防・重症化予防が想定され、感染予防の効果を期待するものではない」と言っています。

厚生労働省・厚生科学審議会は、「過去にワクチンで集団免疫が獲得されたことは一度も無く、集団免疫効果はこれまで実証されていない」ことを知っています。

厚生労働省 佐原総括審議官は、参議院 地方創生及び消費者問題に関する特別委員会(2020/12/02)の場において、「PCR検査の陽性判定、イコール、ウイルスの感染性の証明ということではない」と答弁をしています。

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症患者の急変及び死亡時の連絡について「新型コロナウイルス感染症の陽性者であって、入院中や療養中に亡くなった方については、厳密な死因を問わず、「死亡者数」として全数を公表するようお願いいたします」としています。まるで、コロナの死者数を膨らませ、コロナの恐怖をあおっているようです。
https://www.mhlw.go.jp/content/000641629.pdf

デタラメなPCR検査、Ct値・サイクル数の操作次第で、100%陽性にできてしまう意味のない検査を即時中止してください。そのデタラメなPCR検査の陽性者を感染者にするという、さらなるデタラメ、デタラメの上塗りを即時中止してください。

厚生労働省、製薬会社、マスコミに騙されないでください。ワクチンを接種して健康になれるはずがありません。ワクチンは毒でしかありません。あなたを守ってくれるのは、お父さん・お母さんから譲り受けた自然免疫です。ワクチンのような毒は必要ありません。ワクチンは、「トロイの木馬」です。ワクチンは、あなたの大切な自然免疫を破壊します。ワクチンは、あなたの敵です。

あなたにワクチンを勧める医者は、あなたの生命や健康よりも、製薬会社からのお金を優先する悪い医者です。本当に、あなたの生命や健康を大切に考えてくれるお医者さんは、あなたにワクチンを勧めたりしません。テレビは、あなたの生命や健康よりも、スポンサーである製薬会社からのお金が重要なのです。ですから、製薬会社にとって都合の悪いお医者さんは、テレビに出演することはできません。テレビに出ているのは、製薬会社にとって都合のよい人ばかりです。

テレビの報道は偏向しています。テレビの、マスコミの報道を、うのみにしないで、ご自身で考えてみてください。

子供たちへのワクチン接種を進めている自治体は、気が狂っているとしか思えません。子供たちにワクチンなど必要ないのです。

学校側は、「不慮の事故」でお終いです。厚生労働省・厚生科学審議会については、確認が取れていませんが「ワクチンと死亡との間の因果関係は評価できない」でお終いにするのではないでしょうか。これでは、お亡くなりになった和歌山県の小学校6年生の児童が、本当に気の毒でなりません。

製薬会社から、たんまり利益供与を受けているマスコミは、例によって「報道しない自由」でしょうか。日本のテレビ・新聞、マスコミは死んでいます。

大阪市立大学名誉教授 井上正康先生からの緊急メッセージ。今回の「遺伝子ワクチン」は有効性と安全性が2023年5月までは 不明な「第四相臨床試験中の試験薬であり、全ての副反応結果が 自己責任となる為に極めて慎重な対応が必要である。 (2021年8月20日)
https://nunato.net/大阪市立大学名誉教授_井上正康先生からの緊急/
【1】新型コロナの本質が血栓症である事
【2】スパイクが血栓を作る毒蛋白である事(米国ソーク研究所&Circulation Reseach)
【3】接種後早期死因の多くが血栓~血管病態である事
【4】mRNAワクチンが肝脾骨髄や卵巣にも集積する事(ファイザー社資料)
【5】抗体の血中半減期が短い為に大半が再感染しうる事
【6】大半の医師はこれらの事実を知らず
【7】有害事象や死者を激増させている試験薬(厚労省)を「コロナリスクが皆無の子どもや生殖世代に接種する事」は狂気の沙汰である!
【8】マトモな医学教育を受けた医師は「自然感染が理想的な免疫力強化作用がある事」を思い出せ!
【9】接種後に辛い症状が出たら直ぐに”肺のCT画像と血中Dダイマー”を検査し、不幸にも亡くなられた場合は”病理解剖”を強く勧めます!
【10】いい歳の大人は正気に返り、国民の生命と生活を守る為に正しく蜂起しよう!!

【関連リンク】
【和歌山県 小6女児ワクチン接種後に死亡】学校は「不慮の事故」
https://ichisaburo.com/3647/

スチャリット・バクディ博士「ワクチンを打たないで。子どもに打てば犯罪です。」
https://ichisaburo.com/1786/

【10万人署名】子どもたちへの新型コロナワクチン接種の停止を求めます。
https://ichisaburo.com/3615/

泣いて生まれてきたけれど - あたりまえを疑ってみるということ –
報告は氷山の一角!コロナワクチン接種後の副反応、死亡のツイートが多すぎて戦慄!
https://ameblo.jp/sunamerio/

新型コロナって何? - ワクチン副反応投稿例
https://covid19vaccine436542025.com/ワクチン副反応報告例/

正に命がけの治験協力・ワクチン接種
https://ichisaburo.com/3558/

厚生科学審議会資料 コロナワクチン接種後の死亡者は1,312名(2021年10月22日)
https://ichisaburo.com/3824/

コメント

タイトルとURLをコピーしました