ウイグル人の強制労働に関与の疑いがある日本企業

未分類

特定非営利活動法人 日本ウイグル協会さんからの情報です。

2020年3月、オーストラリアのシンクタンク「オーストラリア戦略政策研究所」が、世界の有名企業、少なくとも83社のサプライチェーンに組み込まれている中国の工場で、収容施設から移送された8万人以上のウイグル人が、強制労働させられているとの詳細な報告書を発表しました。その中には、日本の企業も含まれていました。

日本ウイグル協会では、2020年4月30日に、それらの日本企業へ質問状を送り、報道の事実確認や今後の対策について質問を行いました。さらに、2020 年12月22日には、さらなる実地調査を行ったか、書面で質問を行いました。強制労働に関与している疑いがある企業で、質問状が送付されたのは下記の12社です。

(1)株式会社日立製作所
(2)株式会社ジャパンディスプレイ
(3)三菱電機株式会社
(4)ミツミ電機株式会社
(5)任天堂株式会社
(6)ソニー株式会社
(7)TDK 株式会社
(8)株式会社東芝
(9)株式会社ユニクロ
(10)シャープ株式会社
(11)株式会社良品計画
(12)パナソニック ← 回答なし

パナソニックを除き、11社は日本ウイグル協会へ回答しています。
パナソニックは、何度督促をしても、無視をしています。

ポンペイオ前国務長官は、1月19日、中国共産党によるウイグル人への弾圧を「ジェノサイド(民族大量虐殺)」と認定しています。アメリカに次いでカナダでも、2月22日の議会で、ウイグル人への弾圧を「ジェノサイド(民族大量虐殺)」と認定する決議が行われました。

中共により、ウイグル人の民族大量虐殺が、現在進行系で行われているのです。
ウイグルの人たちの犠牲によって作られている商品・製品など、欲しくありません。それは、中共による残虐な行為を肯定することになるからです。

パナソニックは、中共によるウイグル人へのジェノサイド(民族大量虐殺)について、見て見ぬ振りをするのでしょうか。

私が個人的にできることとして、パナソニックの製品は、今後買わないことといたします。

尚、日本ウイグル協会では、ウイグル人の強制労働に関与している疑いのある「株式会社しまむら」と「京セラ株式会社」にも、これから質問状を送付するそうです。


 
【参考サイト】
 
定非営利活動法人 日本ウイグル協会さん 2021年02月12日
日本企業のウイグル人強制労働問題に対する取組みに関するフォローアップ調査についてのご報告
https://uyghur-j.org/japan/2021/02/uyghur_forcedlabor2/

YAHOO!ニュースさん
ウイグル弾圧企業は取引停止へ 日本企業12社、対応迫られ
2/21(日) 21:18

https://news.yahoo.co.jp/articles/a812a31f9eb3052cf01035314837e4ffb546b180
電子機器や服飾を含む日本の主要小売り・製造業12社が、中国新疆ウイグル自治区などでの少数民族ウイグル族に対する強制労働への関与が取引先の中国企業で確認された場合、取引を停止する方針を固めたことが21日、共同通信の取材で分かった。米英両国がウイグル族の強制労働を理由に自治区に関連した綿製品などの輸入規制に相次いで踏み切っており、日本企業も対応を迫られていた。

近年では人権、環境問題への企業側の対応責任が重視されており、サプライチェーンで新疆関連企業とつながる日本企業に取引自制の動きが広がる可能性がある。一方で対応の遅れを指摘されそうだ。

【参考動画】
闇のクマさん世界のネットニュースchさん 2021/02/22
【大手企業大慌て!ウイグル弾圧企業は取引停止!】遂に大手企業が中国政府のウイグル政策への対抗策を取り始めた!米英の圧力を受けての対応なのは情けない

コメント

タイトルとURLをコピーしました