ファイザー社の元副社長マイケル・イードン博士

新型コロナウイルス

ファイザー社の元副社長マイケル・イードン(Michael Yeadon)博士は、ワクチンによって「無期限の不妊症」を引き起こす危険性を警告しています。女性は妊娠できなくなります。2020年10月からワクチン接種は必要ないと訴えています。

purplepearlさんが、マイケル・イードン博士のメッセージをたくさん掲載してくださっていますので、ご紹介いたします。

騙されて来たんです。PCR検査に、無症状感染、マスクに、ロックダウン、そして、クソみたいな変異種話。決して信じては駄目です。政府トップやファイザーの人間が、あなたのためにやっているなんて。

考えてなんかいませんよ!人々の利益など。経済を破壊し、社会を分断し、心理戦により人々を、精神的に追い詰め、抑圧し、痛めつけたんです。

期待するかも知れませんね。デタラメの、一生ものではないワクチンパスポートで、「ノーマルな社会に戻れるのでは」と。ノーマルな社会に戻るために本当に必要なのは、真実を明かし、正直になることです。

我々は恐ろしいウイルスに攻撃されているのではないんです。異常なまでに我々を攻撃しているのは、政治を乗っ取った連中です。

今が最後のチャンスですよ。このあと私は、4つか5つのインタビューをやり、消えます。懸念しています。ワクチンパスポートがこの国で始まってしまうと、手遅れになるからです。私は必ず阻止します。本気ですよ。今がターニングポイントなんです。

率直に言って、なぜワクチンが必要なのか?この病気で死なないんですよ。例えば、100万人に1人が(ワクチンの)副作用で亡くなったとしたら、10人の子供が殺されたことになります。効果が無いにも関わらずですよ。それに、100万人に1人で済むわけが無いですよ。実際にはもっと悪化するでしょう。

(インタビュー者)長期的な影響と言うことですね?

最終的にはそれがエビデンスになるんでしょうが。皆、子供にまで打たせないだろうと思うかも知れませんね。一旦ワクチンパスポートが始まると、そうもいかないでしょう。例えば、あなたが親なら、スマホの音が、ピーンと鳴って、「子供を連れてきて下さい」との知らせが入る。ワクチンについては触れずにです。
連れて行かざるを得なくなるでしょう。なぜなら、下の方に、小さな注意書きがあるんです。(連れてこないと)「あなたのワクチンパスポートは失効しますよ」と。

本当に、耐え難いレベルの脅迫行為ですよ。

こんなことも言ってましたね。今は見合わせているようですが、200人から300人規模の、子供を対象にした安全性の調査をやろうとしていたと。300人なんて、調査になりませんよ。ただのプロパガンダです。例えば、発症率0.1%の場合、(そんな規模では)見落としますよ。致死率の高いケースも見過ごすでしょう。安全性の調査ではありません。プロパガンダですよ。

これまで私は主張して来ました。「子供にワクチンは必要ない」と。それでも打たせようとしていますよ。調査と言っても安全性とはとても言えないんです。通常規模の、10~100分の1以下ですよ。選択は自由ですが、このまま進むと、地獄行ですよ。ですから、戻って来て下さい。今なら間に合います。

(インタビュー者)爆弾発言が出たところで、マイケル・イードン博士、
今日はありがとうございました。


 
【参考サイト】
ごとう整形外科さんのサイト
2021年02月17日
それでもあなたはコロナワクチンを接種しますか?3
https://karyukai.jp/column/3763

ごとう整形外科さんのサイト
2021年04月24日
元ファイザー副社長で科学主任だったDrマイケル・イードン
https://karyukai.jp/column/3954


(1)マスクは必要ありません。効果がないのです。
(2)ロックダウンは止めるべきです。感染予防には全く効果がありません。
(3)ワクチンは接種しないでください。遺伝子によるもので、スパイクタンパク質を誘発する、非常に危険なものです。

今、行動を変えないといけません。

字幕大王さんのサイト
2021年4月8日
元ファイザー副社長:政府のウソによってあなたが死ぬかも
https://www.jimakudaio.com/post-10858

コメント

タイトルとURLをコピーしました