きわめて致死率の高い危険なワクチン

未分類

製薬会社の本来の使命は、人々の健康に寄与することだと思います。ですが、残念なことに、製薬会社の中には、動物実験の工程を省き、通常は5年から7年の開発工程がかかるものを極端に短縮し、安全性を十分に確認していない、きわめて致死率の高い危険なワクチンを提供する会社があるようです。


 
4月3日の櫻井ジャーナルさんの記事からです。
アメリカのCDC(疾病予防管理センター)とFDA(食品医薬品局)が共同で運用しているVAERS(ワクチン有害事象報告システム)への報告によると、COVID-19(2019年-コロナウイルス感染症)ワクチンの接種から48時間以内に死亡した人の数は3月26日現在、2,249名に達したそうです。

その前の10年間で、ワクチン接種による死亡者数は994名だったことから、短期間に、新型コロナワクチンの接種で、とんでもない高致死率で、多くの方々が死に至っていることがわかります。

コロナウイルスよりも、むしろコロナワクチンのほうが、恐ろしく感じられます。


 

そもそも、アメリカのCDC(アメリカ疾病予防管理センター)は、「新型コロナウイルスの標本は無い」と言っています。日本の「国立感染症研究所」は、世界最高権威の「アメリカ国立生物工学情報センター」に、新型コロナウイルスのデータをアップロードしましたが、後から撤回してます。

世界中どこを探しても、「新型コロナウイルスの標本、新型コロナウイルスのデータ」は存在しません。ですから、新型コロナウイルスのワクチンなど作れる訳がないのです。ましてや、人の遺伝子を書き換えるような、人が本来持っている免疫系を破壊するような、危険性の極めて高いワクチンなど、打てるわけがありません。

PCR検査の発明者、ノーベル化学賞受賞者のキャリー・マリス博士は、生前、「PCR検査は、感染症の診断には使えない」とおっしゃっていました。風邪でもインフルエンザでも、PCR検査では、陽性反応が出ます。「PCR検査で陽性反応が出たことをもって、新型コロナウイルスの感染者」としていることは、大きな誤りです。


 
4月7日、Transporterさんのツイートからです。
 

あなたなら、どちらの言葉を信じますか?
私は、宮沢さんの言葉を信じます。

製薬会社から、多額の利益供与を受けている人の発言は、信用できません。

4月7日、お賽銭マンさんのGabの投稿からです。

なんでマスコミやビッグテックは報道しないの?

COVID-19「ワクチン」
接種後の死亡者 3,964名
副作用による障害者 162,610名

ファイザー社製
死亡者 2,540名
副作用による障害者 102,100名

モデルナ社製
死亡者 973名
副作用による障害者 5,939名

アストラゼネカ社製
死亡者 451名
副作用による障害者 54,571名

(2021年3月13日現在)


 
【参考サイト】
櫻井ジャーナルさんのブログ記事 2021/04/03
接種直後に死亡する人が増え続けているmRNAワクチンに効果がないとの報告
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202104030000/

Transporterさんのツイート 2021/04/07
あれ〜?このRTが消されてる!何で〜??

お賽銭マンさんのGab投稿記事 2021/04/07
なんでマスコミやビッグテックは報道しないの?

FreePressers 2021/03/29
4,000 in Europe died after adverse reactions to vaccines
ヨーロッパでは4,000人がワクチンに対する副作用で亡くなりました。
https://freepressers.com/articles/4-000-in-europe-died-after-adverse-reactions-to-vaccines

コメント

タイトルとURLをコピーしました