アメリカ大統領選挙におけるイタリアの関与

未分類

株式会社ホットプラスさんから、驚きの情報です!

アメリカの大統領選挙に関して選挙票の不正操作をするにあたり、イタリアの会社やその社員が関与していたことが明らかにされました。

レオナルド S.p.A社のIT部門の前責任者であるアルトゥーロ・デリア氏は、2012年12月にレオナルド S.p.A社のメインコンピュータに技術・データ操作とウイルスを植え付けたとして、ナポリの検察官から起訴されました。

被告人のアルトゥーロ・デリア氏は、2020年11月4日、ローマのアメリカ大使館で働くアメリカ人の指示命令の下に、ジョー・バイデン氏が得票数で負けていた多くの州でトランプ大統領の票をバイデン氏に切り替える作戦を実行したと宣誓供述しています。

また、イタリアのメディア「La cruna dell’ago(針の目)」では、次のような内容が報道されています。

この不正選挙・票操作の計画は、元イタリア首相・マッテオ・レンツィ氏の助けにより前アメリカ大統領のバラク・オバマ氏が考案したものでした。

ヒラリー・クリントン氏は、トランプ大統領を貶めるために、「トランプ大統領がロシアの手先である」というウソデタラメのフェイクを創作していました。そして、そのことは、バラク・オバマ氏にも伝えられていました。

バラク・オバマ氏は、今回の大統領選挙で、トランプ大統領の当選を妨害した首謀者の一人であると言えます。

この不正選挙の計画資金は、イランから提供されバラク・オバマ氏は、この作戦を指揮するために4億ドル(約412億円)を調達したようです。

イタリアの首相であるジュゼッペ・コンテ氏も、今回の不正選挙に深く関与しているようです。

【参考動画】株式会社ホットプラスさんの動画
米大統領選挙の不正はワシントンのディープステートによって考案され、カナダ、ドイツ、中国、スペイン、イタリアなどいくつかの国とグローバリスト政府の参加を通じて行われた国際クーデターだった!

コメント

タイトルとURLをコピーしました